top of page
  • haotalks

台湾の美味しい鍋料理②「麻辣火鍋」「豬肚鶏火鍋」


ここ数十年で大人気になった「麻辣火鍋」は、先ほど紹介した「石頭火鍋」とは違い食材を生の状態から入れますが、スープの素を工夫した鍋です。かなり濃く辛いダシで日本人にとってはハードルが最初は高いかもしれません。ですが慣れてきたら「もう食べたくてたまらない!」ぐらいになりますよ。


気の利いた台湾の火鍋店でしたら、辛さに苦手な方用に「鴛鴦鍋」も用意しています。「鴛鴦」とはオシドリのことで、つまり鍋を2つに仕切り仲睦まじしく二種類のスープを選べる様になった鍋です。二種類のスープはそれぞれ選べます。スープの辛さも調整できるところもあります。ちなみに、本当に辛いものが苦手なら、ごま油にニンニクを加えたタレを作ってつけて食べてみて下さい。少し辛みが和らぎます。辛すぎたと感じた時に試してみてくださいね。


最後に最近人気になってきた「豬肚鶏火鍋」はタレ無しでも美味しく食べられます。スープの素に胡椒ベースで豚の胃袋と鶏肉をたっぷり入れてあります。このスープを飲むと体にも良いですし、冬場だと体を芯まで温めてくれますよ。


さて、みなさん台湾の火鍋を食べたくなってきましたか。早く渡航制限が解除されればいいですね。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page